「旬の食材 3月編 その1」

~ビタミンCの宝庫!健康や美容、ダイエットにもに最適なスーパーフードとは?~

●イチゴ ※イチゴの旬は3月~5月くらいと言われています

イチゴに含まれるビタミンCは100gあたり50~100mgと、果物の中ではトップレベルです。

中程度の大きさのイチゴ7~8粒で1日に必要なビタミンCを取ることができます。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、シワを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがありますので、肌の悩みを抱えている人にもおすすめです。

またイチゴには、整腸作用をもつ水溶性食物繊維のペクチン、ナトリウムの排せつを促し高血圧を予防するカリウム、虫歯予防効果があるキシリトールなども含まれています。

<イチゴの栄養成分まとめ>

●健康・美容の代名詞ビタミンC

●妊婦さんに必須と言われれる葉酸

●ペクチンと言われる水溶性の食物繊維

●ミネラルの一種のカリウム

●虫歯予防に効くキシリトール

●抗酸化物質のフラボノイド

●ポリフェノールの一種のアントシアニン

※必須アミノ酸9種類のうち8種類も含まれています。

<いちごのカロリーは?ダイエットに効果ある理由>

いちごの栄養成分にメタボに効果があったり、便秘を改善してくれる作用があるので、それだけでもダイエットに効果がありますが、いちごは100gあたり34kcalと、他の果物に比べてカロリーが低いです。

ちなみにダイエットするのに最適といわれるバナナは86kcalで、その他りんごは54kcal,キウイ53kcal,もも40kcalと比べてもいちごはカロリーが低いです。

またGI値(グリセミック指数)もいちごは低いです。

GI値とは炭水化物が分解され糖に変わるまでのスピードを現した数値で、GI値が高いとそれだけ脂肪が体に溜りやすい食品だと判断できます。

GI値が高い食べ物は白米(88)、うどん(80)といった炭水化物が多い食べ物で低いと言われるそばでもGI値は59ですが、いちごは28でGI値が低い食品として注目されています。