健康コラム〜梅雨編〜

梅雨に入り多くの地域では、雨続きの時期になりました。
梅雨時は気分がすっきりしないだけでなく、体調を崩す人も多いようです。

短い期間で気温や気圧が大きく変化するため、その変化に体がついていけずに自律神経の働きが乱れやすくなるためです。

自律神経の働きが乱れると、頭痛、めまい、肩こり、冷え、食欲不振、倦怠感など、さまざまな不調が現れやすくなります。

自律神経のバランスを整えるためには、生活のリズムを整えるとともに、昼夜の生活にメリハリをつけることが大切です。

朝食はしっかり取って活動モードに切り替え、日中は意識して活動的に過ごしましょう。

そして、夜はぬるめのお風呂にゆっくりつかるなど心身をできるだけリラックスさせ、しっかり睡眠をとります。

雨がやんで晴れているときは、なるべく太陽の光に当たるようにすることで、体内時計を整え睡眠の質をよくする効果があります。

自律神経を整えて、少しでも快適に梅雨時期を過ごしましょう。